会社概要・沿革

会社概要

創業 明治30年(1897年)1月10日
設立 昭和19年(1944年)4月17日
資本金8,448万円
代表取締役藤原 慶三
本社所在地〒673-0403  兵庫県三木市末広3-11-31
Tel.0794-83-3131(代表)
本社アクセスマップはコチラ
従業員数 正社員:315名
事業内容ハンドツール・パワーツール・ガーデンツールのマーチャンダイジング
(商品開発・販売・流通・輸出入)
営業品目大工道具、作業工具、自動車関連工具、電動工具、電動先端工具、 園芸機器、園芸道具、園芸用品など
主要販売先ホームセンター・専門店

沿革

明治30年
(1897年)
藤原長太郎が「藤原長太郎商店」を創業。
日本剃刃の製造を始める。
大正10年
(1921年)
藤原喜一が藤原長太郎商店に入社。金物問屋業を開始。
昭和19年
(1944年)
藤原産業株式会社として改組。
昭和20年
(1945年)
終戦と同時に、鋸・鉋の製造及び自転車のハンドル製造を開始。
昭和26年
(1951年)
二代目社長に藤原喜一就任。資本金を200万円に増資。
製造部門を分離し、卸売部門だけで営業を改組
昭和33年
(1958年)
業務拡張に伴い三木市福井に移転、新店舗増築。
昭和34年
(1959年)
貿易部門を設置。
昭和40年
(1965年)
資本金を450万円に増資。
昭和42年
(1967年)
藤原輝三が三木商工会議所の米国業界視察団に参加。
帰国後、日曜大工部門を設置。
昭和43年
(1968年)
三木市末広三丁目(現本社所在地)に新社屋を移転。
資本金を1,000万円に増資。
昭和45年
(1970年)
三代目社長に藤原輝三就任。
昭和49年
(1974年)
東京営業所設置(東京都港区浜松町)。
昭和57年
(1982年)
九州営業所設置、本社倉庫増築。
昭和60年
(1985年)
東京営業所新築移転(埼玉県川口市)
昭和61年
(1986年)
札幌営業所設置、九州営業所を新築移転。
昭和62年
(1987年)
四代目社長に藤原勲就任。
東京営業所が支店に昇格。仙台営業所設置。
平成2年
(1990年)
F.K.D.C(関東デリバリーセンター)稼働。
平成4年
(1992年)
中央物流センター稼働。
平成6年
(1994年)
中部営業所設置。仙台営業所を新築移転。
東京支店社員寮新築。
平成8年
(1996年)
広島営業所設置。
平成11年
(1999年)
匠台商品センター稼働。
平成12年
(2000年)
情報サービスセンター開設。
九州営業所新築移転(佐賀県鳥栖市) 。
平成16年
(2004年)
中部営業所新築移転(愛知県豊田市)。
平成17年
(2005年)
五代目社長に藤原慶三就任。
平成19年
(2007年)
匠台第2商品センター稼動(小野市匠台)。
匠台商品センターを匠台第1商品センターに名称変更。
平成20年
(2008年)
近畿営業所を近畿支店に昇格。
情報サービスセンターに研修センターを開設。
平成26年
(2014年)
東日本商品センター稼働。