展示会情報「彩事情」

企画開発型商社の藤原産業の核となる情報戦略拠点です。

世界中のDIYツールの情報がぎっしり。
ショールームという形でディスプレイ等のご提案も行います。
写真 彩事情

インターネットに象徴される地球規模での「情報・流通」革命の進展は、人類の新たな文明とともに多様なライフスタイルを実現するものです。今あらゆるビジネスの現場で、急速に変化する消費者ニーズをキャッチアップし、グローバルなマーケティングソースからのきめ細かな商品の開発・調達を行うための仕組みづくりが必要不可欠な要素となっています。

こうした中、当社では21世紀の情報戦略拠点として「情報サービスセンター」を2000年2月にオープンしました。本社所在地でもある兵庫県三木市に位置するこのセンターは、「日本はもとより世界中のDIYツール情報を結集し、お客様とともにその場で・研究・構築・蓄積した技術・ノウハウを日本中のDIYマーケットに発信していく」という明快なコンセプトのもと、DIYツール専門商社である当社ならではの特性を最大限に活かした施設です。

まず、展示面積1800平方メートルという業界最大規模のショールーム「彩事情」では、当社が取り扱う全商品を展示。皆様に直接商品に触れていただき、そこでいただいた貴重なご意見を集約し、フィードバックすることで、より良い商品の開発を目指します。

また、情報サービスセンター内に設けた売場シミュレーションスペースでは、新商品・季節商品・販促商品などの展示モデルパターンをご用意。お得意様の売場スペース研究の場として、いつでもお気軽にご活用していただけます。